FC2ブログ

主の晩餐 2021年3月26日夜

2021.02.28 (Sun)
『主の晩餐』を行うニサン14日が近づきました



『主の晩餐』とは、キリストが地上で過ごした最後の夜の食事において、イエスが命じられた唯一の定期儀礼を指すもので、「復活祭」でもなければ教会で行われる「聖餐式」や「聖体拝領」とも異なるものです。
この儀式が陰暦14日に行われるべきことから、今日「新十四日派」と名乗る由来が込められており、かつて使徒ヨハネの指導を受けた第二世紀の原始キリスト教「十四日派」の現代への再興を図る上での最重要な儀式です。

『主の晩餐』を行うべきその夜は、律法に定められた『過越の祭り』を行う夜に当たり、ユダヤ陰暦ではニサンの月の14日であり、現代の暦では毎年の三月から四月にかけての期間のどこかに迎えることになります。その夜に最後の晩餐の席にあったキリスト・イエスは、自らの死を予見して、出エジプトの夜を記念する過越の食事から、新たにキリストのエルサレムからの出立を記念する儀礼を創始されましたが、イエス自身がこの年の最後の過越しの機会を心待ちにしていたと言われています。(ルカ22:15)
それはキリストと使徒たちの間での「アブラハムの裔」の民の選定を行う、天での二度目の晩餐を約し、それが『天の王国』の土台となって実現に至る道筋をつけることになることが示されたのでした。ルカ22:28-30)

今日までパリサイ派であるユダヤ教徒が今年3月27日の夜、つまり「ニサン15日」に入った晩に『過越しの食事』〔セデル〕を行いますので
キリストと使徒たちがその前夜に『過越し』を行ったように3月26日の夜に『主の晩餐』を行うなら
当時に同じく、イエスの一行がしたようにユダヤ体制派に一日先んじてニサン14日を記念することになります。

この一日の差が、ユダヤ体制派が出エジプトと同日にメシア=キリストを屠り、出エジプトの子羊と『世の罪を取り去る神の子羊』であるキリスト・イエスとの関連を作り出しました。このずれは神意に違いなく、当時までにユダヤ人の間で過越しの期日に混乱が生じていたからこそ、開かれた道であったと言えます。⇒ 「過越しの日付に関するユダヤの混乱」
そのようにメシアは、ユダヤ体制派からのはげしい敵意の中でこの儀礼を創始する場を守られ、使徒二人に『水瓶を運ぶ男』を見つけるよう申し付けたところに祭司長派とその手先となっていたイスカリオテのユダへの秘匿性が表れています。イエスは使徒たちが試練を共にし、十二使徒は一人を除いてメシアの試練を共に耐えたので、天界での次なる初物による会食が約される場面を迎えました。その新たな儀礼の間、外では『神の子羊』であるイエスを屠る算段が祭司長派によって進められています。この緊迫した絶妙の時の流れの中をメシアは進まれたのであり、これだけでもひとつの奇跡というべきものです。(マルコ14:2)

ですから、『主の晩餐』を行うべき日付は、常にパリサイ派ユダヤ教徒の過越しの食事の一日前を守るべき理由があり、天文に従って太陽年の同日を算出するべきものではなく、それは年によりユダヤの祭日から離れてしまうことが多く、「ニサン十四日」とはいえません。それはユダヤ人が本来守るべき「子羊を屠る、出エジプトの晩」でなくてはならず、太陽年の春分から判断するのは、ニケア公会議からの悪習であり、新旧の聖書の奇跡の連携を断つものというべきでしょう。その年によってユダヤの暦に閏月が挿入される場合など、天文の計算からは一月も隔たってしまいます。イエスはエルサレムの最高会議によって裁かれ、15日から始まるパリサイ派らが祭りの期間を避けるため、直前の『準備の日』に受難されたのであり、またその祭礼に関わる14日でなければ初期キリスト教に「十四日派」が存在した理由もありません。(ヨハネ19:31)

元々の『過越の祭り』とは、古代エジプトで奴隷にされていたイスラエル民族が、神の奇跡の数々を通したモーセとその兄のアロンのファラオとの交渉によって、ついにエジプトを出発する前の晩に起こった第十番目の奇跡と出エジプトを記念する年毎の祭礼でありました。
その晩には、各家庭で一頭の子羊が屠られて、無酵母パンと苦菜と共に晩餐にされたのですが、その血は、家の戸口の鴨居と柱に塗り付けるよう神は命じていました。
その夜、災いをもたらす天使が戸口の血を見ると、その家には害を与えずに過ぎ越していったので、害は儀礼を行わない家々に臨み、ファラオの宮殿も例外とはならず、皇太子の命も失われることになり、ついにファラオもイスラエルの出発を認めざるを得なくなりました。

そのときの子羊の血が、後の『神の子羊』キリストの犠牲の血を暗示していたことは神の意図を悟る心の持ち主には明らかなことであり、その人にとっては信仰によって出エジプトとキリストの最後の食事とが深く結びつけられます。
その祭礼の場でイエスはユダヤ教徒として『過越の祭り』を行うと同時に、新たな儀礼を創始された以上、そこに二つの契約の強固なつながりが見えています。
使徒たちを通し、以後ご自分の死を記念して行い続けるようイエスは命じられ、それは後に『主の晩餐』と呼ばれるようになりました。初期のキリスト教徒たちによって、ユダヤ教徒が『過越』(ペサハ)を行う時期に合わせて、ニサンの月の14日に入った夜にその儀礼が行われていたことを、最後に残った十二使徒のヨハネが指導した小アジアの弟子たちが伝えています。
これについては、第二世紀にエフェソスの集まりの指導者(エピスコポス)であったポリュクラテスの書簡に、彼らがユダヤ人の過越しを守る日に準拠させて『主の晩餐』(パスカ)を行っていたことが記されています。(教会史5:24)⇒ 翻訳


ついにイエスが命じられた定期儀礼はこの『主の晩餐』だけとなり、クリスマスのようなものはローマ帝国の国教となるまで存在もしていませんでした。冬至の三日目、現太陽暦の12月25日はローマ帝国で祝われていた太陽神の復活、また農耕神サトゥルヌスの祭日として広く庶民に守られていたものですが、ローマの庶民がキリスト教に改宗するに当たってそのまま取り入れられたのです。
加えて『主の死を知らせる』べき服喪のように厳粛な『主の晩餐』が、めでたい「復活祭」に入れ替えられたのも、ローマ帝国で法制化された第四世紀以降のことで、ユダヤ教と祭事を同じ時期にするのを嫌った諸国民派のキリスト教徒の慣行からきたものです。

元々はユダヤ教を土台としているはずであったキリスト教が、次第にユダヤ人信徒を失って、すっかりヨーロッパの宗教となった背景には、ユダヤ人のほとんどにキリストと使徒たちの教えが根付くことがなかったところに原因があり、使徒たちを受け入れた異邦人たちは、律法に固執するユダヤ人の頑なさ、またしばしばキリスト教徒の迫害に加わる姿を見ては、ユダヤ嫌悪を強めてしまい、キリスト教はまったくユダヤ教と異なる宗教となってゆきました。

ヨーロッパがそれまでの様々な異教からキリスト教に改宗するに従い、それまでの異教の習慣や祭りが「キリスト教」に混じることになり、特にキリスト教がローマ帝国の国教とされた西暦第4世紀以降には、旧約聖書に属するヘブライ文化は影を潜め、代って当時に流行していたヘレニズム文化がキリスト教の土台とされます。

ヘレニズムとは、アレクサンドロス大王の東方遠征の結果として、古代ギリシア文化が中近東のアジア文化と混じりあった文明のことで、ユダヤ人も影響を受けていたものの、本来のヘブライ文化とは異なるものであり、ヘレニズムは異教の神秘主義が色濃いものです。

そのため、キリスト教は基礎にするべきユダヤ教からの貴重な教えを捨てて、異教神秘主義を土台に据えて、別の宗教として再出発することになりました。そこで12月25日の当時の太陽神の誕生日であったローマ帝国の祭りは、そのままキリストの誕生日とされ、ヘレニズムに良く見られた三つの顔を持つ神々の影響は「三位一体」としてキリストや聖霊も神に祭り上げられるのを許しました。つまり、崇拝する神までが入れ替えられてしまったのです。

キリスト教がヨーロッパ的な宗教に質を変え、他方でユダヤ教がモーセの律法に留まり続けたため、旧約聖書と新約聖書は緊密な一致を持つものであるのに、教えに分断が起ってしまい、キリスト教徒は旧約に関心が薄く、ユダヤ教徒は旧約の意味を解き明かす新約を無視しています。これではキリスト教の教会で学ぼうと、ユダヤ教の会堂で尋ねようと、どちらにも聖書全体を一貫して知る環境になく、ほとんどの場合、現在も実際にそのようです。

キリストが最後の晩餐の席で創始した『主の晩餐』にしても、ユダヤ人はいまだにパリサイ派であり続け、彼らの伝統に従い、旧約聖書に定められたユダヤ陰暦のニサン月14日の晩ではなく、翌日15日の晩に『過越し』の食事セデルを行っています。
そこに一日の違いがあったために、イエスは正しく出エジプトの日に相当する14日に『神の子羊』として屠られる運びとなりました。まさにユダヤ教徒は今日まで、その一日のズレをパリサイ派として継承し、21世紀に至るまで15日から祭りを始めることで、イエスをニサン14日に処刑したことを今も証し続けていることになります。

他方で、キリスト教徒と言えば、『主の晩餐』を出エジプトで屠られた子羊がキリストを指し示していたことを尊重もせず、ユダヤ教を嫌うあまりに、『過越』に沿うイエスの忠節さによる厳粛な『死の記念』をキリストの復活にちなむ「復活祭」に仕立て上げ、祝祭としてしまいました。しかし、新約聖書は『主の晩餐』がキリストの『死を告げ知らせる』ものであるとはっきりと教えているのです。それはキリストが死を前にした晩餐であって、復活が起きた日曜日の昼間に行うものではなく、酵母入りのふっくらしたパンを用いるものでもありません。(コリント第一11:26)

こうして、イエスの命じられたままにキリストの死を記念する『主の晩餐』をニサン14日の晩に執り行う人々はすっかり絶えてしまいました。そのことは、ユダヤ教はもちろん、キリスト教であっても新旧聖書についての一貫した教えから離れてしまった表れと言えるほどです。

出エジプトの晩餐とキリストの最後の晩餐とをつなぐ聖書に明らかにされている事柄は、深遠で意義深く明らかに人間が考案できるようなものでもなく、あらゆる物事を自在に操る神の意図と業を示しているのであり、そのものが一つの奇跡であって、人はそこに神の偉大さへのおそれと、人類の罪を負うために犠牲を決意したキリストへの敬意を示すべきものであることは明白です。

この『主の晩餐』は、その儀礼において、無酵母のパンと赤ぶどう酒を食べまた飲む人が、すでにキリストの贖いを受けていて、『新しい契約』に含まれ、聖霊を注がれている聖徒であることを聖書は示しています。(ルカ22:20)
その契約は、『天の王国』をキリストと共に相続するキリストの『兄弟たち』、つまり真の『アブラハムの裔』に属する人々を召し出すという、極めて重い意味を持つものであり、人類すべての希望がそこにかかっています。(創世記22:18)

それは単に「信者がキリストと結ばれる」というような「おめでたいもの」ではなく、キリストと共なる道を歩む人々が厳粛な自己犠牲の精神の決意を新たにするものであり、他方でアブラハムの子孫イスラエルでないわたしたちは「諸国民」として、その重大な儀礼の場をしつらえ、キリストの再臨がいつ起こっても良いように待次ものです。初臨のキリストは確かに『わたしはすべての者に言う、いつも見張っているように』と命じられました。『すべての者』とは聖徒かどうかに関わらず、あわゆる信じる者のことです。そこで、キリストが自ら命じられたその唯一の定期儀礼をさえまもらずにいるなら、それはキリスト教信仰を抱いていることになるでしょうか?見張っていると言えるでしょうか?

ですから、使徒の時代の後に聖霊が注がれた人々が去って、すっかり絶えた後の千八百年ほどが経過した今日、キリストの肉と血を象徴するパンとぶどう酒を食べまた飲む人はいませんが、それでもこの儀礼の準備ができていることを示すべき重い意味があると言えます。

キリストが再び到来される「終末」、つまり『この世』が終わる時には、再び聖霊を注がれ奇跡の言葉を語り世界宣教を行う弟子、つまり『聖徒』が現れることはイエス自身が再三に語られたところです。(マタイ10:18/マルコ13:9-11/ルカ21:12-15)
加えて『主の晩餐』は、『主が到来するときまで』行われるべきことを聖書は教えます。即ち、この儀礼を地上で行っている間には『神の王国』が未到来である明白な証拠でもあります。聖徒が天のキリストの許に召され揃わないなら『天の王国』も建国されないからであり、その前に聖徒は『新しい契約』を地上で全うし「キリストの道を歩むか否か」の迫害の試みを受けねばなりません。(コリント第一11:26)

イエスは、いつになるか分からないご自身の再臨に備えるよう弟子たちに命じて、『主人が婚礼から帰って来て戸をたたいたなら、すぐに戸を開けようと、その帰りを待っている者たちのようであれ』と言われます。(ルカ12:36)
それによって初臨のときのような聖霊の降下をもたらし、そうして『義』の仮承認を受けた人々が再び生み出されることでしょう。
しかし、命じられたただ一つの難しくもない儀礼さえ地上の誰もが守らないとすれば、人間とはそれほどの神の善意に値するものでしょうか?それはアブラハムの信仰の前に恥ずべきことです。彼は何を捧げようとしたのでしょうか?その行いによって彼は神が御子を犠牲にするに足りる者が地上にいることを示したからです。

これまでのキリスト教界がそのように準備が出来ていることを示してきたかと言えば、それは難しい状況にあります。
主人が戻ったときに、すぐに受け入れられる状態というものは、使徒の時代のキリスト教がある程度は回復されていなければならないことでしょう。せめて『主の晩餐』の席がキリストの意図された通りにしつらえられないものでしょうか。
キリスト教界の現状はとてもそのようでものではありません。

もし、聖書に述べられた内容に、人がもたらすところを遥かに超える価値を見出し、神からの言葉と類い稀な意志とを悟り、神と子と聖霊とに信仰を働かせるのであれば、年に一度の『主の晩餐』を整えずにいられるものでしょうか。

今日、依然として聖霊が降下していない中にあり、パンとぶどう酒を食べまた飲むべき人は居ないとしても、その食事の席をしつらえて、主人であるキリストの帰られるのを待ち続けるのは、原始キリスト教に信仰を同じくする者の務めです。
ユダヤ教にもキリスト教にも、また世界を見回してもそのように主人を待つ者がいないとすれば、現代人とは何と救いに価しないものでしょう。それぞれの宗派の主張はともあれ、この世に差しのべられた唯一の救いの手にだれも応じていないのですから。

信仰の無い人が、『主の晩餐』の席を整えないからといって咎められもせず、罪を負って滅ぼされるでもないのですが、心に信仰を働かせている人が出来るのにそうしないのであれば、その無頓着さは神の偉大な意志とキリストの崇高な犠牲を卑しめることにならないものでしょうか。その人が何かの教理を理解したからと思い上がり、自分には信仰があると悦に入るだけで、唯一の定期儀礼さえ行わないなら、よほど今信仰を持っていないながら、あるいは異教徒ながらも内面に見るべき資質を湛えた多くの人々の方が救われるに値いすることでしょう。キリストの弟ヤコブであれば、それを「死んだ信仰」と呼ばないでしょうか?何かの障碍があるとすれば、まったく不可能であるのか、そうでないのかは考えるべきでしょう。そうすれば、『自分が何をするべきかを知っていながら行わない』のではないことを示す絶好の機会に転じることができるかもしれません。

神もキリストも信仰を強要することはけっしてありませんし、カルトの教祖のように横暴に支配することもありませんが、では、人は何もせず、ただ救いを待つのでしょうか。それは神の側を落胆させることになるでしょう。
イエスが『人の子が来るときに、はたして地に信仰を見るだろうか?』と問われた一言に現代世界はどんな答えを示しているでしょうか。

『この世』からの救済に信仰を抱く人であれば、キリストの最後の晩、それはユダヤ体制派の祭りの前日、『準備の日』のことであったのですから、来る3月26日金曜日の夜をどう過ごすかに注意しないでは済まないことでしょう。
もし、『主の晩餐』を行うとすれば、それはまた十二使徒の中で最後まで残ったヨハネの薫陶を受けたかつての「十四日派」を二十一世紀に復興させることを意味し、キリストの命じたまま出エジプトに当たる夜に『主の死』を記念する者が現代によみがえっていることを示すことにもなるのです。
それは『来りませ、主イエスよ』と天に呼びかけるものであり、苦しみ満ち空しい世から『神の王国』の到来を願い求めていることを表すものともなります。

3月26日金曜の夜を聖なるものとして無酵母パンと赤ブドウ酒を前に、それらを飲食することなく一定の時を取り分けるなら、それは神の御前に、地に待つ者がいることを表します。儀式のそれらしい次第は聖書にありませんが、パンを(できれば12切れに)割り、ぶどう酒を(できればゴブレットに)注ぎ、聖書のヨハネ福音書の14章から17章のいずれかを読み、神にキリストの再臨を請願し祈り、いくらかの神聖な時を過ごすことができるでしょう。
しかし、いずれは聖霊を注がれた人々がそれらを飲食する日が来るのです。

原初キリスト教回帰の信仰を抱く皆さまが同夜を共に記念できますよう念願しております。


21世紀のエイレナイオス



無酵母パンのレシピは ⇒ こちらを
全粒粉の小麦粉は、大き目で商品数の多いスーパーなどには置かれておりますし
通販でも入手できるでしょう200g有れば直径20cm程度のもの二枚くらいは作れます
酵母を入れなければ、あるいは白い小麦粉でも構いません
無酵母パンを焼くには捏ね台となるテーブル、延べ棒、ボールか鉢、フライパンとガス台などの加熱器があれば一時間ほどで作れます
赤ぶどう酒は、できれば混合されたものでないものがよろしいでしょう

元来、『無酵母パンの祭り』は出エジプトの記念として『過越しの食事』を伴い律法によってイスラエルの中で行われてきた儀礼ではありましたが、キリストは『過越し』の食事を無酵母パンと赤ぶどう酒の儀礼に変えて、その清い『子羊』としての犠牲を記念するよう命じられ、使徒たちに肉を食べ、血を飲むことに『新しい契約』が関わっていることを教えました。(ルカ22:20)
これは契約に入る『神のイスラエル』となる者、後日聖霊を注がれることで『証印を押された』『キリストと共同の(天の王国の)相続人』が与るものですので、そうでない者がそれに関わるなら極めて僭越なことになってしまいます。(コリント第一11:28)

教会の教えに異教の「天国と地獄」が混入した影響から、信者は「天国」にゆけるものと教理が堕落した結果、誰でもがパンを食べるものとされ、それが信者の「聖体拝領」の秘跡へと変えられましたが、これはキリスト教界が聖書全体への視野を失ったことを如実に物語るものであり、真似るべきでないことは明白で、聖霊が注がれていないならパンとぶどう酒に与るべきではありません。この点、十分にお気をつけください。キリストが「食べなさい、飲みなさい」と言ったからという言葉の表面だけで判断するなら、聖書全巻にわたる神の意志を理解していないことを表すばかりです。

なお、当日この儀礼を行われた方には、人数と都道府県名など、ご一報頂き、お互いの喜びに加われますなら幸いに存じます。
ご連絡には、このブログのコメントもお使い頂けます。(管理人にのみ表示をお勧めします)


2021年度にパスカを行われ十四日派再興を目指した方々

青森県 1名
宮城県 1名
茨城県 1名
東京都 1名
福岡県 3名


計5か所 7名
(3/29現在)
-各位ご連絡に感謝申し上げます-








トラックバックURL
http://irenaeus.blog.fc2.com/tb.php/301-cbf44149
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する